店舗情報: 四季の里うちまき本店 〒344-0051            埼玉県春日部市内牧4064-1   TEL:048-872-6175        FAX:048-872-6176     営業時間 9:30 ~ 17:30                                       四季の里うちまき八木崎店           〒344-0059            埼玉県春日部市西八木崎1-3-1 TEL&FAX 048-878-8821      営業時間 10:00 ~18:00

店長情報 トップページ
店長情報

 › 埼玉県春日部市の農産物直売所 『四季の里 うちまき』 › 7日の準備もお忘れなく!

2015年01月04日

7日の準備もお忘れなく!

ども、おさないです。

今日から四季の里うちまきも年始の営業を開始しました。

ここ数日ほど風が強くないとはいえ、とっても寒い1日でした。

みなさん明日から仕事始めの方も多いと思うのですが、

食べ過ぎて胃が疲れたりしてませんか??

おさないは若干疲れてます。

そんな時は、昔からの風習にならっておかゆを食べましょうね!

     はい、春の七草を使って

これは、宮代町の並木さんが作られた「七草セット」です。

みなさんご存知ですよね?春の七草。

1月7日は、七草粥を食べる日です。

お正月のごちそうでお疲れ気味の胃を休めるためにという意味で食べる風習ができたそうです。

ちなみにいつからかっていうと、なんと平安時代

かなり昔から食べられていたのですね。

ちなみに七草とは

① せり (セリ)
   特有の香り歯触りが特徴的

② なずな (ナズナ=別名ぺんぺん草)
   日当たりによく生えてくる2年草。
   クセがなく、甘味が強いのが特徴。

③ ほとけのざ (田平子「たびらこ」)
   冬の水田などの土にへばりつくように生えてます。

④ すずな (カブ)
   根っこに多いアミラーゼは消化を助けてくれます。
   葉っぱはビタミンCやカロテンなど栄養豊富

⑤ ごぎょう (ハハコグサ)
   草全体が白い毛におおわれているのが特徴の草。
   昔は草餅にハハコグサが使われていたそうです。

⑥ はこべら (ハコベ)
   葉の先に白い小さな花をつける2年草。別名は「ヒヨコ草」
   葉茎のしぼり汁は整腸作用が高く、消化作用もあります。

⑦ すずしろ (ダイコン)
   ジアスターゼを多く含むので消化を助けてくれます。

カッコの中は現代のものに置き換えたものです。

で、栄養やそれぞれの特徴的なものもその下に付け加えました。

へぇ~と思えるものもありますよね!

七草のそれぞれの特徴を知って、自分の体をきにかけながら、

おいしく七草粥を食べましょうね!


LINEの公式アカウントを取得しました!
お得な情報や旬の野菜・果物の入荷情報、お花の入荷情報などをお知らせ
していきますね!
まずは、友だち追加から!
下のボタンをポチッとクリックお願いします!
友だち追加数

ランキングにも参加しています。応援よろしく願いします!!


小売・飲食業 ブログランキングへ






Posted by ナーセリー斎藤 at 19:27│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。